巷にあふれる効果のないダイエットにダメ出し!

年齢と共に代謝が落ちて太りやすくなったり、おなかが出始めて太鼓腹になるなど、体型の変化はもちろん、服のサイズが変わって愕然とすることってありますよね?

昔は着られた服が着られなくなると結構ショックであったりするものです。

 

また、健康診断では医師のチェックが入るなど、健康面でも心配になります。

メタボリックシンドローム、よくメタボって略されて使われますが、おなかまわりが男性85㎝、女性は90㎝以上だとメタボです。

 

メタボリックシンドロームは動脈硬化が進行しやすく、心筋梗塞や脳梗塞など、生活習慣病の原因となります。

 

防風通聖散錠zはナイシトールと同じ

そんなメタボや肥満が気になる方に非常に人気がある医薬品が「ロート防風通聖散錠z」です。

最近テレビCMが頻繁に流れているので目にした方も多いと思います。

boufuuz.jpg 



実はこの商品、小林製薬が販売している「ナイシトール」と主成分が同じなんです。

naishitoru.png


ここからは以前に書いたナイシトールの記事の引用になります。


「ナイシトール」はそのネーミングから、いかにも内臓脂肪を減らしてくれそうなイメージを持つかもしれませんが、実はそうではないんですね。

 

「ナイシトールは」内臓脂肪に効果無し!?

「え?そんなバカな?内臓脂肪を取るから、ナイシトールじゃないの?」と思うでしょうか、効能書きにも内臓脂肪減少とは書いていません。

 

ナイシトールの主成分は「防風通聖散」という漢方薬なのですが、この成分は内臓脂肪への効果は承認されていません。

更には小林製薬自身、独自で効果の研究を行なっておらず、第三者の論文を引用しているという体たらく・・・。

(出典:小林製薬のCMは薬事法違反?

 

「防風通聖散」では痩せないの?

それでは「防風通聖散」の本来の効能は何でしょうか?

 

防風通聖散は、腹部に皮下脂肪が多く、便秘がちなお客様で、高血圧の随伴症状

(どうき、肩こり、のぼせ) 肥満症、むくみ、便秘の方にご使用下さい。

 

とあります。

 

つまり肥満に伴う高血圧、便秘、むくみといった症状の改善に効果があるのであって、脂肪を落として、肥満そのものを解消する訳ではないということです。

 

それどころか、そもそもこの漢方薬に関しては、肥満解消の臨床試験すら行われていないというのが実情なのです。

(出典:防風通聖散では痩せられない!

 

これを各製薬会社が都合のいいように解釈して、さもダイエットに効果があるように、宣伝・販売しているにすぎないということです。

 

このような製薬会社の宣伝に乗せられて、本来の効能には無いダイエット目的で使用しても痩せることなんて出来る訳がありません。

 

こんな医薬品会社の巧妙な宣伝に乗せられて、ダイエット効果の無い薬を飲み続けるのは止めて、本当に効果のあるダイエットをしませんか?


⇓ ⇓ ⇓

それはこちら!





 


毎日何度もCMが流れる『プロテインダイエット』

数多くの芸人さんがCMに登場して「痩せました!」とアピールしてますよね。

 

protein02 

 

実際その効果はどうなのか?

 

プロテインダイエットは通常の食事を取る代わりに、低カロリーのダイエット食を摂るという、いわゆる『置き換えダイエット』になります。

3食のうちの1食をプロテインで代替することで、摂取カロリーを減らし、痩せるというやり方です。

置き換えダイエットは確かに痩せますが・・・

確実にリバウンドします。

 

確かに、手軽に摂取カロリーを減らすことができるので痩せるのは痩せるのですが、このやり方は確実にリバウンドします。

実際、女性芸人のTさんは一度ダイエットに成功した後リバウンドし、再度ダイエットにトライしてますね。


protein01 

 

置き換えダイエットが失敗する理由

1.     食生活が改善されない
リバウンドする理由として、まず食生活が改善されないことです。ダイエットでは太る原因である食生活の乱れを改善することが基本なのに、1食を置き換えることでさらに食が乱れてしまいます。仮に痩せたとしても、元の食生活に戻ったとたん・・・言うまでもないですね。

 

2.     カロリー制限による代謝の低下
置き換えダイエットで最も危険なことが、極端な摂取カロリーの制限になることです。1食置き換えれば確かにカロリーを減らすことはできますが、毎日低カロリーの食生活が続くことで筋肉が落ち基礎代謝が低下します。これにより痩せたとしても、体は逆に太りやすい体質になっているのです。だからダイエット後にはビックリするようなリバウンドが襲ってくるのです。

 

3.       食べられないことへのストレス
1
食がコップ一杯のドリンク・・・これで満足ができるワケがありません。食べられないことからストレスが過剰にたまり、痩せにくくなります。そして、その反動からダイエット後に過食になる場合が多いのです。

 

「プロテインダイエットをずっと飲んでいればいい」

 

とおっしゃる方もいるかもしれません。それではそんな方にお聞きします?

 

何ヶ月も、何年もプロテインダイエットを飲み続けるのですか?

 

いつまでもそんな食生活が続けられるわけがありません。

いつかはプロテインダイエットを止めて、普通の食事に戻る時が必ず来るのです。

 

そうなれば、どんなにプロテインダイエットで痩せてもリバウンドしてしまうのです。

 

あくまでもプロテインは”養補助食品”にすぎないのです。

ダイエットの正しいやり方はバランスの摂れた食生活が基本であり、3食食べるべるのは基本中の基本です。

 

「でも3食食べたらやっぱり太るし・・・」

 

そんなあなたにとっておきのダイエット法があるんです!

3食普通の食事を摂りながらも、痩せる方法が・・・



 ⇓ ⇓ ⇓

それはこちら




20154月に始まった「機能性表示食品制度」

ダイエット効果をうたう商品等、現在数多くの商品が販売されています。


「トクホ」より新しい制度ということで、「効果があるんじゃないの?」と期待した方も多かったのではないかと思います。


私は常々、機能性表示食品のダイエット効果に疑問を持ってきたのですが、ここにきて徐々にボロが出始めましたね。


先日テレビ等のメディアでもかなり取り上げられたのでご覧になった方も多いのではないかと思いますが、機能性表示食品の「葛の花」サプリに問題があると初の措置命令が下されました。


処分は、16社の19商品に表示の排除措置がとられたとのこと。

食品分野では過去最多の一斉処分になります。


「飲めばやせる」は駄目=機能性表示食品で初命令-消費者庁

ヤフーニュース「葛の花」措置命令

消費者庁による機能性表示食品「葛の花」に対する措置命令


kuzu.jpg 


問題となるのは、摂取するだけであたかも容易に痩身効果が得られるかのように表示していた「優良誤認」という部分。

わかりやすくいうと、葛の花サプリの販売会社は「飲むだけで痩せますよ」と宣伝しておきながら、提出された資料のダイエット効果の根拠となるデータは

・BMI25~30の「軽度肥満」の人を対象

・対象者は運動(1日約8~9000歩)をしていた

・対象者は1日2000kcal以下にカロリー制限をしていた

という状態で「飲むだけで痩せる」という宣伝とは大きくかけ離れるものでした。

これだけ運動とカロリー制限してれば、サプリなんて飲まなくても痩せるであろうことは誰でもわかると思います。


しかもそれで得られたダイエット効果は

・外見上、身体の変化を認識できない

・試験後減ったのは体重1kg、ウェストが1cm

こんなのは1食何か食べれば簡単に変化する誤差の範囲ですよね。

まあ国による審査も臨床試験もないので当然ですけどね。


ここで改めて「機能性表示食品」とはなんぞや、というおさらいです。


機能性表示食品とは?

「機能性表示食品制度」って? 漢字だけみても何のことなのかよく分からないですが、簡単に言うと、「トクホ」よりもっと緩い規制で健康食品の効能を表示できるようになった制度のことです。

 

特保との違いは、国が安全性と機能性の審査を行うわけではなく、事業者が国の定めた一定のルールに基づき安全性や科学的根拠に基づいた機能性などを示し、消費者庁長官に届け出る事で販売されます。

(出典:機能性表示食品消費者庁


トクホと何が違うの?

【トクホ】

有効性や安全性を人を使って試験しなければならない。

安全性や有効性について国の審査がある。

 

【機能性表示食品】

臨床試験の義務なし(科学的根拠を示す論文などを消費者庁に届け出るのみ)

国の審査なし

 

あれ?臨床試験も審査も無し?

 

 

実験結果の証明は必要とせず、専門家の論文など研究発表の情報を国に届けるだけで表示可能となるのです。あくまで企業の自己責任で、国が「お墨付き」を与えるわけではないんです。

 

極端な話、効果があるとするもっともらしい論文を添えて届け出るだけで、

全く効果の無い「機能性表示食品」がまかり通ってしまう可能性すらあるということです。


そして実際にこのような問題が起きてしまったということです。


国が始めたこの制度、消費者をなめきっているとしか思えません。

トクホの効果も疑問を感じざるを得ないものですが、「機能性表示食品」は

何おかいわんやです。

 

それでもダイエットのために「機能性表示食品」を買いますか?

 

こんな企業をもうけさせるためのダイエットサプリを買うのはやめて、

本当に効果のあるダイエットをしませんか?


⇓ ⇓ ⇓

それはこちら




「セルライト」という言葉、ダイエットに興味のある人は一度は耳にしたことがあると思います。

「セルライトがついて、太ももやお尻がぼこぼこになって」
とか
「エステでセルライトを潰してなくす」
といった話もよく耳にします。

shutterstock_219560770.jpg 

セルライトって、本当のところはどうなんでしょうか?

【セルライトには諸説あるけど】

一般的によく言われるのは、
・脂肪組織に老廃物や水分が溜まったもの
・脂肪細胞同士が付着してできる脂肪の固まり
・リンパ液の固まったもの
・成分のほとんどはコラーゲン
といった説ですね。でも、

それは全て間違いです!

【医学的には】

医学的には、セルライトが原因とされる肌の凹凸は、皮下脂肪が溜まった結果、肥大した脂肪細胞から分化している線維芽細胞が皮膚の方に引っぱられた状態に過ぎないというのが一般的な見解である。病理的なものであるということには疑いがもたれており、健康な組織であるという見解が支配的です。

セルライトとは、古い皮下脂肪に老廃物が結合したものと言われていますが、皮下脂肪を含めすべての細胞はどんどん新しいものに変わっていくので古い皮下脂肪は存在しません
かつ、皮下脂肪がある場所に老廃物がたまるなんて肝臓・腎臓が深刻な病気でなければありえません。

【セルライトは普通の脂肪】

アメリカの様々な医療機関や臨床検査や、医学の学問的な研究結果として、「普通の脂肪」と対比して、「セルライトと呼ばれる脂肪」の血流や脂肪の代謝について測定したが、「普通の脂肪」と何ら変わりが無かったそうです。

【セルライトの正体】

「じゃあ、ボコボコになってるところとなってないところがあるのはどうして?」と疑問がわくところだと思います。

実はセルライトの正体は、脂肪そのものではなく、脂肪がついている部分の皮膚が原因なんです。
つまり、ボコボコの正体は脂肪が付きすぎ、皮膚が引っ張られたりたるんだり、肌のハリがなくなった状態のことなんです。

単なる脂肪にすぎないのに、美容業界や健康食品業界などの関連業界では、「セルライト」という新しい言葉を作り、女性の危機感をあおることで、ダイエットサプリメントや美容器具の販売、エステ業界の美容マッサージ、脂肪吸引等の美容整形手術等、様々な美容関連商品への利益誘導をしようとしているのです。

【セルライトを無くすには?】

セルライトは単なる脂肪なので、特別な治療法はありません。
ダイエットで体全体の脂肪を落として、その結果セルライトを減らすしかありません。

何だ、結局普通にダイエットするしかないのか・・・

待ってください!
がっかりする必要はありません。

ダイエットが上手くいかない方、様々なダイエットに失敗してきた方でも簡単にダイエット出来る方法があるんです。

 ⇓ ⇓ ⇓

それはこちら





数年前に、納豆はダイエットに効果があると、某TV番組で話題になり、一時期飛ぶように納豆が売れましたよね。当時はスーパーの売場から軒並み納豆が消えてしまい、毎日普通に食べていた人たちが買えなくなってしまうほどでした。


natto.jpg 

 

しかしその納豆ダイエットの効果が、某TV番組のねつ造であることが分かり、ブームはあっという間に去りました。


nattoaruaru.jpg 

 

では納豆ダイエットの本当の効果はどうなのでしょうか?

 

納豆ダイエットのデメリット

・納豆にもカロリーがある
・食べすぎは腎臓に負担がかかる
・食事量が増えて逆に太る可能性もある
・大豆イソフラボンは足りている人が多い

 

納豆なんてみんな食べているのでは?

普段から納豆を食べていても、メタボリックシンドロームになっている人はいくらでもいます。

納豆を毎日食べていても、肥満の合併症で死亡する人は年間いくらでもいます。

 

考えてみてください。

納豆は嫌いな人も多いですが、それでもいったいどれだけの人が食べているのか?

納豆を食べている人がみんな痩せているでしょうか?違いますよね?

 

大豆イソフラボンは本当に足りていない?

まず、大豆イソフラボンがダイエットに効果があると言いますが、そもそも大豆イソフラボンは日本人にとって不足しにくい栄養です。なぜなら、日本人は昔から豆腐、味噌、醤油などの大豆食品を豊富に食べていたからです。

 

確かに昔の日本人に比べるとその摂取量は減りましたが、それでも大豆イソフラボンが足りている人は多いのです。ということは、足りない大豆イソフラボンを補充して痩せましょう、というのは意味が無いということが分かります。

 

ただ単にお腹が膨れるから

納豆を食事の最初に食べるのは、満腹感を得るためです。

最初に豆類などお腹にたまりやすいものを食べれば、それだけ後の食事が食べにくくなります。

物理的に食事量を減らしてしまおうというわけです。

 

ですが、肥満に悩む人は基本的にかなり食べすぎです。納豆1パック追加したくらいでは、その後の食事量は減りません。むしろ、追加した納豆分だけ食べ過ぎてカロリーオーバーになってしまうでしょう。

 

納豆が健康にいいということは間違いありませんが、だからと言って納豆にダイエット効果を期待するのは間違いです。

 

納豆に限らず、食品はあくまでも食品であって、人間が生きていくためのそして健康を維持のための栄養補給として考えるべきです。

 

では食品でダイエット効果が無いのなら、何でダイエットすればいいのでしょうか?

ダイエットサプリメント?

 

いえいえ、誰にでも出来て、もっと確実に痩せられる効果的なダイエットがあるんです。


⇓ ⇓ ⇓

それはこちら!