巷にあふれる効果のないダイエットにダメ出し!

年齢と共に代謝が落ちて太りやすくなったり、おなかが出始めて太鼓腹になるなど、体型の変化はもちろん、服のサイズが変わって愕然とすることってありますよね?

昔は着られた服が着られなくなると結構ショックであったりするものです。

 

また、健康診断では医師のチェックが入るなど、健康面でも心配になります。

メタボリックシンドローム、よくメタボって略されて使われますが、おなかまわりが男性85㎝、女性は90㎝以上だとメタボです。

 

メタボリックシンドロームは動脈硬化が進行しやすく、心筋梗塞や脳梗塞など、生活習慣病の原因となります。

 

防風通聖散錠zはナイシトールと同じ

そんなメタボや肥満が気になる方に非常に人気がある医薬品が「ロート防風通聖散錠z」です。

最近テレビCMが頻繁に流れているので目にした方も多いと思います。

boufuuz.jpg 



実はこの商品、小林製薬が販売している「ナイシトール」と主成分が同じなんです。

naishitoru.png


ここからは以前に書いたナイシトールの記事の引用になります。


「ナイシトール」はそのネーミングから、いかにも内臓脂肪を減らしてくれそうなイメージを持つかもしれませんが、実はそうではないんですね。

 

「ナイシトールは」内臓脂肪に効果無し!?

「え?そんなバカな?内臓脂肪を取るから、ナイシトールじゃないの?」と思うでしょうか、効能書きにも内臓脂肪減少とは書いていません。

 

ナイシトールの主成分は「防風通聖散」という漢方薬なのですが、この成分は内臓脂肪への効果は承認されていません。

更には小林製薬自身、独自で効果の研究を行なっておらず、第三者の論文を引用しているという体たらく・・・。

(出典:小林製薬のCMは薬事法違反?

 

「防風通聖散」では痩せないの?

それでは「防風通聖散」の本来の効能は何でしょうか?

 

防風通聖散は、腹部に皮下脂肪が多く、便秘がちなお客様で、高血圧の随伴症状

(どうき、肩こり、のぼせ) 肥満症、むくみ、便秘の方にご使用下さい。

 

とあります。

 

つまり肥満に伴う高血圧、便秘、むくみといった症状の改善に効果があるのであって、脂肪を落として、肥満そのものを解消する訳ではないということです。

 

それどころか、そもそもこの漢方薬に関しては、肥満解消の臨床試験すら行われていないというのが実情なのです。

(出典:防風通聖散では痩せられない!

 

これを各製薬会社が都合のいいように解釈して、さもダイエットに効果があるように、宣伝・販売しているにすぎないということです。

 

このような製薬会社の宣伝に乗せられて、本来の効能には無いダイエット目的で使用しても痩せることなんて出来る訳がありません。

 

こんな医薬品会社の巧妙な宣伝に乗せられて、ダイエット効果の無い薬を飲み続けるのは止めて、本当に効果のあるダイエットをしませんか?


⇓ ⇓ ⇓

それはこちら!





 


「機能性表示食品」制度が始まって以来、様々な製品が発売されていますが、特に目立つのは、脂肪減少効果(ダイエット効果)があるとうたう製品ですね。


最近テレビCMで頻繁に目にするのが、森下仁丹の「ヘルスエイド ローズヒップ」です。効果はどうなんでしょうか?


rosehip01.png 


ローズヒップ由来ティリロサイドって何?
パッケージにはこのように書いてあります。

 

「本品にはローズヒップ由来ティリロサイドが含まれるので、体脂肪を減らす機能があります。」

ローズヒップには、ビタミンC、葉酸、ビタミンE、カロチノイドなどが含まれていて、その種子に含まれるのがティリロサイドです。

 これは天然植物に含まれるフラボノイド化合物で、ポリフェノールの一種になります。


肝臓や筋肉で脂肪の燃焼に必要なたんぱく質をつくる遺伝子を増やす働きがあり、基礎代謝を改善して脂肪が燃焼しやすいように働きかけてくれる。

 

らしいです。


耳慣れない新しい物質をひっぱり出してきて、さも効果があるように消費者にアピールするのは、この手のサプリによくある手ですね。


実際のダイエット効果は?
森下仁丹のホームページに効果がグラフで出ているので検証してみましょう

rosehip02.png 

(出典:消費者庁提出論文


このグラフを一見すると「脂肪減ってるじゃん」と思われるかもしれません。

でもこれを読み解いて、減少した体重を重さに直すと・・・

 

12週(3ヶ月弱)で1.4kg1ヶ月当たり500gに満たない体重減少


確かに脂肪は減ってるようですが、1ヶ月500gって誤差の範囲では?

体重500g程度だったら、一日単位でも簡単に変動するレベルですよね。

ダイエット効果を期待して飲むには、あまりにも弱い根拠と言わざるを得ません。

皆さんが期待してるダイエット効果って、こんなものではありませんよね?

この「ヘルスエイド ローズヒップ」は、1ヶ月分で約4,000円、3ヶ月分で12,000円。
安いととるか高いととるかは個人で違うと思いますが、3ヶ月で12,000円払って、痩せるのがたった1.4㎏では、ダイエット目的で飲むには意味が無いでしょう。


こんな意味の無いダイエットサプリにお金をかけるぐらいいなら、

本当に効果のあるダイエットをしませんか?



⇓ ⇓ ⇓

それはこちら!



 


20154月に始まった「機能性表示食品制度」

ダイエット効果をうたう商品等、現在数多くの商品が販売されています。


「トクホ」より新しい制度ということで、「効果があるんじゃないの?」と期待した方も多かったのではないかと思います。


私は常々、機能性表示食品のダイエット効果に疑問を持ってきたのですが、ここにきて徐々にボロが出始めましたね。


先日テレビ等のメディアでもかなり取り上げられたのでご覧になった方も多いのではないかと思いますが、機能性表示食品の「葛の花」サプリに問題があると初の措置命令が下されました。


処分は、16社の19商品に表示の排除措置がとられたとのこと。

食品分野では過去最多の一斉処分になります。


「飲めばやせる」は駄目=機能性表示食品で初命令-消費者庁

ヤフーニュース「葛の花」措置命令

消費者庁による機能性表示食品「葛の花」に対する措置命令


kuzu.jpg 


問題となるのは、摂取するだけであたかも容易に痩身効果が得られるかのように表示していた「優良誤認」という部分。

わかりやすくいうと、葛の花サプリの販売会社は「飲むだけで痩せますよ」と宣伝しておきながら、提出された資料のダイエット効果の根拠となるデータは

・BMI25~30の「軽度肥満」の人を対象

・対象者は運動(1日約8~9000歩)をしていた

・対象者は1日2000kcal以下にカロリー制限をしていた

という状態で「飲むだけで痩せる」という宣伝とは大きくかけ離れるものでした。

これだけ運動とカロリー制限してれば、サプリなんて飲まなくても痩せるであろうことは誰でもわかると思います。


しかもそれで得られたダイエット効果は

・外見上、身体の変化を認識できない

・試験後減ったのは体重1kg、ウェストが1cm

こんなのは1食何か食べれば簡単に変化する誤差の範囲ですよね。

まあ国による審査も臨床試験もないので当然ですけどね。


ここで改めて「機能性表示食品」とはなんぞや、というおさらいです。


機能性表示食品とは?

「機能性表示食品制度」って? 漢字だけみても何のことなのかよく分からないですが、簡単に言うと、「トクホ」よりもっと緩い規制で健康食品の効能を表示できるようになった制度のことです。

 

特保との違いは、国が安全性と機能性の審査を行うわけではなく、事業者が国の定めた一定のルールに基づき安全性や科学的根拠に基づいた機能性などを示し、消費者庁長官に届け出る事で販売されます。

(出典:機能性表示食品消費者庁


トクホと何が違うの?

【トクホ】

有効性や安全性を人を使って試験しなければならない。

安全性や有効性について国の審査がある。

 

【機能性表示食品】

臨床試験の義務なし(科学的根拠を示す論文などを消費者庁に届け出るのみ)

国の審査なし

 

あれ?臨床試験も審査も無し?

 

 

実験結果の証明は必要とせず、専門家の論文など研究発表の情報を国に届けるだけで表示可能となるのです。あくまで企業の自己責任で、国が「お墨付き」を与えるわけではないんです。

 

極端な話、効果があるとするもっともらしい論文を添えて届け出るだけで、

全く効果の無い「機能性表示食品」がまかり通ってしまう可能性すらあるということです。


そして実際にこのような問題が起きてしまったということです。


国が始めたこの制度、消費者をなめきっているとしか思えません。

トクホの効果も疑問を感じざるを得ないものですが、「機能性表示食品」は

何おかいわんやです。

 

それでもダイエットのために「機能性表示食品」を買いますか?

 

こんな企業をもうけさせるためのダイエットサプリを買うのはやめて、

本当に効果のあるダイエットをしませんか?


⇓ ⇓ ⇓

それはこちら







最近SNSをやっていてよく目にするのが「HMB」サプリメントの広告。

レイザーラモンHGさんやGACKTさん等の鍛えてシェイプされたボディの持ち主が広告等になっています。
raizarramon-gackt.jpg 

そして、とあるHMBサプリメントの広告のうたい文句がこちら。

レイザーラモンHGが愛用する男性用〇〇で7kg以上痩せた女性が急増中!!
トレーニングなしで「腹筋女子」になる超簡単な方法とは

HMB01.png 

・レイザーラモンHGが愛用
・痩せた女性が急増中
・トレーニングなしで「腹筋女子」に

HMB02.jpg 

ここだけですでに突っ込みどころ満載です(笑)

ここ数年芸能界では筋トレで肉体改造した芸能人が急増していますが、レイザーラモンHGさんといえば、その中でもハードにトレーニングしていることで知られています。
その彼を引き合いに出して「トレーニングなしで」痩せる、筋肉がつくとうたうとは呆れて物が言えません。

そもそもHMBとは何なのでしょうか?

簡単に言ってしまうと、「筋肉づくりをサポートするサプリメント」なんです。

その効果は
  • 筋肉を大きくする
  • 筋肉を修復してくれる
  • 筋肉の減少を抑える

日本では厚生労働省による食薬区分改正によって、2009年に「非医薬」として新規収載され、日本国内での販売が可能となりました。
BCAAとおなじく筋肉の分解抑制、合成促進効果が期待できる、肉体改造を目指している人にとっては非常に効果的なスポーツサプリメントです。

ここ重要です。
HMBはダイエットサプリではなくスポーツサプリメントなんです。

基本的に皆さんが期待するようなダイエット効果はありません。

世の中に出回るあらゆるサプリメントの効果を網羅した文献にも、ダイエット効果があるとは一言も記載されていません。
ナチュラルメディシン・データベース(物質名:ベータヒドロキシベータメチルブチレートとして記載)

当然ですがそのようなサプリメントを飲んでも、筋トレをしなければ全くダイエット効果は期待できません。

「HMB ダイエット」でググると劇的なダイエット効果や、飲むだけで痩せる効果をうたう記事がたくさんヒットしますが、その多くはステマ記事でインチキばかりです。

ハッキリ言いましょう

HMBはダイエットサプリではない
筋トレをしない人にはダイエット効果ゼロ

そのようなインチキステマ記事を信じてHMBサプリを買うのはやめて、本当に効果のあるダイエットをしませんか?



⇓ ⇓ ⇓




ダイエットのためにトクホのお茶を飲んでいる方に質問です。

それ、効果ありましたか?本当に痩せましたか?

 

おそらくはっきりと「痩せた!」と答えられる人はいないのではないでしょうか?

 

私の周りにも、「ダイエットに効果があるから」と毎日のようにトクホ飲料を飲んでる人が少なからずいますが、大半の人が全く体形が変わっていません。

 

それでも彼らはトクホを飲み続け、新製品が出るたびにそれに飛びついています。

 

なぜ何ヶ月も、何年も飲み続けても効果が無いのに、飲むのを止めようとしないのでしょうか?きっと「トクホには効果が無い」ということに気づいていながらも、そのことを認めたくないのだと思います。

 

でもトクホって、効果があると国が認めてるんじゃないの?」と言われるかもしれません。

 

確かにトクホとは

健康づくりに役立つ食品として、その有効性や安全性を国に承認された製品のこと。

であり、近年爆発的人気となっているダイエット効果を謳っているお茶やコーラはそれに当たります。

(出典:特定保健用食品とは

 

「しかしこの国に認められた有効性」の基準というのが、極めて曖昧でハッキリしないものなのです。

 

 

それではダイエット効果があるとされる人気のトクホ商品の具体例を挙げて、本当に効果があるのか見てみましょう。

 

①花王ヘルシアシリーズ

(ヘルシア緑茶、ヘルシアウォーター等)

 

トクホの先駆けともいえる人気のヘルシアシリーズ。

そのダイエット効果の根拠となる成分が”高濃度茶カテキン

 

herushia01.png 

 

テレビCMなどを見ると、さも飲むだけで脂肪が燃焼して痩せるかのように思いがちですが、勘違いしていけないのは、ヘルシアを飲むことで必ず痩せるとは、花王は言っていないということです。

あくまでも「脂肪を消費しやすくする」と言っているだけなのです。

 

具体的には茶カテキンが脂肪の燃焼を助ける酵素が増え、消費エネルギーが増えると言っているのですが、花王自身がホームページで示している茶カテキンの研究結果を見ると、本当にダイエット効果があると言っていいのか非常に疑わしいのです。

(出典:花王の謳う高濃度茶カテキンの効果

 

herushia02.png 

 

このグラフを見ると「痩せてるじゃん」と思うかもしれませんが、内容を要約すると、

・高濃度茶カテキン飲料を12週間飲んだ被験者達の71.8%が、体重0.5kg以上の減少

1日当たりのエネルギー消費量の増加は約100kcalと計算される。

1日当たりの減少した脂肪は10g1ヶ月約300

 

1ヶ月で脂肪300gの減少って、誤差の範囲内では?

これで胸を張って「ダイエット効果がある!」と言っていいものか・・・

 

また、この高濃度茶カテキンには健康被害も指摘されています。

カテキン自体は普通の緑茶にも含まれるもので決して危険なものではありませんが、問題は「高濃度」であるということです。

 

現に有効成分である高濃度茶カテキンが原因と疑われる肝臓障害がカナダで報告され、ヨーロッパ各国でも多数の肝臓障害が報告されており、販売禁止措置もとられています。

(出典:高濃度茶カテキンの健康被害

 

また、トクホの審議の際には発がん性も一部指摘されています。

健康増進を謳うトクホが健康被害を誘発するようでは本末転倒ではないでしょうか?

 

 

②伊右衛門特茶

2013年に発売され、爆発的ともいえる人気を誇る”伊右衛門特茶”

そのうたい文句は

"体脂肪を減らす"のを助ける、初の特定保健用食品。」

 

なんでも、ポリフェノールの一種である「ケルセチン配糖体」なる成分が、脂肪分解酵素を活性化させ、体脂肪を分解するのだとか。

 

しかし、サントリーがダイエット効果の根拠とする研究結果が、消費者が実感できないほどの微弱なものなのです。

(出典:伊右衛門特茶のダイエット効果

(出典:伊右衛門特茶は”逆トクホ”

 

tokucha.png 

 

要約すると。

・伊右衛門特茶を12週間飲み続けて8週目から効果が出た(最初の2ヶ月は効果なし。)

12週間飲み続けてウェストが1.7mm減少

6ヶ月の試験では、4ヶ月目から逆に腹部の脂肪が増加

 

トクホ人気のお茶3品目の中では最弱の結果となっています。

 

 

③黒ウーロン茶

「脂肪にドーン」のCMでおなじみ、伊右衛門特茶と同じくサントリーが販売しているトクホ”黒烏龍茶”

 

黒烏龍茶に含まれる「ウーロン茶重合ポリフェノール」なる成分が脂肪の吸収を抑えてくれるとの事です。つまり、食事の時に一緒に黒烏龍茶を飲むと、食べ物の脂肪分を体外に排出してくれる働きがあるというのです。

 

ただし、食事に含まれる脂肪を排出する効果があるというだけで、既に体についた脂肪を減少させる効果はないそうです。

 

サントリーが謳う脂肪排出の効果はいかなるものか

(出典:黒烏龍茶の脂肪排出効果

 

kuro.png 

 

このグラフだけでは具体的にはどの程度のダイエット効果があるかわからないので、サントリーの実験結果を具体的に数字に現わすと、

 

11本(350ml)黒烏龍茶を飲み続けたところ、16週で体重が-1.49kg、体脂肪率-1.15%という結果だった、という事です。

4ヶ月で1.5kg、1ヶ月当たり400gに満たない体重減少

 

これもダイエット効果があるとはとても言えないと思います。

 

 

結局のところ、トクホのお茶を飲むだけでダイエットできると期待するのは間違いだということが良くわかります。

トクホは、炭酸飲料や砂糖たっぷりのコーヒーなどを飲むより健康的、と気休め程度にとどめておく方がよさそうです。

 

 

「やっぱり飲むだけで痩せるものなんて無いんだ」と思われるかもしれませんが、ガッカリする必要はありません。

 

「飲むだけで痩せる」そんなダイエット法が実在するんです!


 ⇓ ⇓ ⇓

それはこちら