巷にあふれる効果のないダイエットにダメ出し!

年齢と共に代謝が落ちて太りやすくなったり、おなかが出始めて太鼓腹になるなど、体型の変化はもちろん、服のサイズが変わって愕然とすることってありますよね?

昔は着られた服が着られなくなると結構ショックであったりするものです。

 

また、健康診断では医師のチェックが入るなど、健康面でも心配になります。

メタボリックシンドローム、よくメタボって略されて使われますが、おなかまわりが男性85㎝、女性は90㎝以上だとメタボです。

 

メタボリックシンドロームは動脈硬化が進行しやすく、心筋梗塞や脳梗塞など、生活習慣病の原因となります。

 

防風通聖散錠zはナイシトールと同じ

そんなメタボや肥満が気になる方に非常に人気がある医薬品が「ロート防風通聖散錠z」です。

最近テレビCMが頻繁に流れているので目にした方も多いと思います。

boufuuz.jpg 



実はこの商品、小林製薬が販売している「ナイシトール」と主成分が同じなんです。

naishitoru.png


ここからは以前に書いたナイシトールの記事の引用になります。


「ナイシトール」はそのネーミングから、いかにも内臓脂肪を減らしてくれそうなイメージを持つかもしれませんが、実はそうではないんですね。

 

「ナイシトールは」内臓脂肪に効果無し!?

「え?そんなバカな?内臓脂肪を取るから、ナイシトールじゃないの?」と思うでしょうか、効能書きにも内臓脂肪減少とは書いていません。

 

ナイシトールの主成分は「防風通聖散」という漢方薬なのですが、この成分は内臓脂肪への効果は承認されていません。

更には小林製薬自身、独自で効果の研究を行なっておらず、第三者の論文を引用しているという体たらく・・・。

(出典:小林製薬のCMは薬事法違反?

 

「防風通聖散」では痩せないの?

それでは「防風通聖散」の本来の効能は何でしょうか?

 

防風通聖散は、腹部に皮下脂肪が多く、便秘がちなお客様で、高血圧の随伴症状

(どうき、肩こり、のぼせ) 肥満症、むくみ、便秘の方にご使用下さい。

 

とあります。

 

つまり肥満に伴う高血圧、便秘、むくみといった症状の改善に効果があるのであって、脂肪を落として、肥満そのものを解消する訳ではないということです。

 

それどころか、そもそもこの漢方薬に関しては、肥満解消の臨床試験すら行われていないというのが実情なのです。

(出典:防風通聖散では痩せられない!

 

これを各製薬会社が都合のいいように解釈して、さもダイエットに効果があるように、宣伝・販売しているにすぎないということです。

 

このような製薬会社の宣伝に乗せられて、本来の効能には無いダイエット目的で使用しても痩せることなんて出来る訳がありません。

 

こんな医薬品会社の巧妙な宣伝に乗せられて、ダイエット効果の無い薬を飲み続けるのは止めて、本当に効果のあるダイエットをしませんか?


⇓ ⇓ ⇓

それはこちら!





 


今回は直接ダイエットにつながる話ではありませんが、多くの方が常識だと思っていたことが実は間違っていたというお話です。


コレステロール01

 

「卵はコレステロールが多いから、食べ過ぎは体に悪いよ。」

 

こういう言葉を耳にしたり、実際に言われた人は多いのではないでしょうか?

私自身も、かつてそれを信じ、卵を食べ過ぎないように気をつけていた一人です。

もしそれが間違っていたとしたら・・・

 

何を食べても体内のコレステロール値は大きく変わらない。

 

201551日、日本動脈硬化学会がこんな声明文を出したのをご存知でしょうか。

「コレステロール摂取量に関する声明」と題された声明文には次のように書かれています。

 

(厚労省のまとめた)2015年日本人の食事摂取基準』では、健康な人において食事中コレステロールの摂取量と血中コレステロール値の関係を示す科学的根拠が十分ではなく、コレステロール制限は推奨されておらず、日本動脈硬化学会もこの記載に賛同している〉

 

簡単に言うと、

コレステロールの高い食品を食べても血中のコレステロール値には影響がない

というのです。

 

しかし、これまで厳しい食事制限を訴えてきたのは日本動脈硬化学会であり、『動脈硬化性疾患予防ガイドライン』によると、「1日のコレステロールの摂取量を200mg未満に抑える」と書かれています(卵1個のコレステロール含有量は約210mg)。

 

この基準を信じ、「卵は一日1個まで」と節制してきた人も多いことでしょう。

そうした人からすれば、いままでの努力は一体何だったのか、と疑問に思うのは当然です。

 

それを突然、手のひらを返したように「何を食べてもコレステロール値には関係ない」と言い出したのか。

 

簡単に言ってしまうと

「アメリカがそう言い出したから」

ということなんです。

 

まず2013年に、ACC(アメリカ心臓病学会)AHA(アメリカ心臓協会)が『何を食べても健康に影響はない』と発表。20143月、厚労省はこれを受け、同じようにガイドラインを改定。それから1年以上経ってようやく、日本動脈硬化学会も渋々、変更したという訳です。

 

「アメリカの研究では、卵をはじめとするコレステロール含有量の高いものを食べる人と食べない人を、数週間にわたって追跡調査しました。が、その結果、両者とも血中コレステロール値はほとんど変わらなかったんです。こうした地道な研究の積み重ねにより、健康な人に関しては食事制限の必要がないという結論に至ったのです」

 

コレステロール02

 

【コレステロールは体に必要】

高コレステロールの食材を口にしても、実際のコレステロール値には影響しません。「脳」の重量の約20%はコレステロールでできており、「脳」の機能を保つためには、オメガ3や動物性脂肪(肉・卵・バター・チーズなど)をむしろ積極的に摂る必要があります。コレステロール値が低いと脳の働きが悪くなり、認知症になるリスクも高まるということです。

 

 

【なぜコレステロールは悪とされたのか?】

話は1900年代のアメリカにさかのぼります。

 

アメリカの都市に住む人々は、1日平均で2900kcalも摂取していたものの、それでも太り過ぎる人は少なく、3大死因は肺炎、結核、下痢・腸炎だったといいます。

 

やがて人々は、バターの代わりに植物油やマーガリン(トランス脂肪)を使うようになった。20世紀の中頃になると、心筋梗塞や狭心症で死亡する人が増えてくる。そして1956年、米国心臓協会は“賢明な食事”として「バター、ラード、卵、ビーフ」を「マーガリン、コーン油、チキン、冷たいシリアル」に置き換えるよう推奨を始め、1970年代までに、「コレステロールは体に悪い」というイメージが人々の意識に定着しました。

 

1980年代、アメリカ大豆協会やマスコミにより「植物油は健康によい。肉やバター、ココナッツオイルなどの飽和脂肪は悪い」とアピールされた。そこでファストフードをはじめ、冷凍食品や加工食品に、オメガ6の多い「植物油(トランス脂肪)」が使われるようになった。さらには「脂質を降下させる薬」が大々的に売り出されました。

そして1994年、アメリカ糖尿病学会は国民に「カロリーの6070%を炭水化物から摂取すべき」との勧告を出し、低脂肪の食事を勧めました。
その結果は?

 

【アメリカの糖尿病患者数の推移】

コレステロール03 

アメリカにおける糖尿病患者数の推移

 

1995年頃から糖尿病の人の数がどんどん増えていますね。

 

学会がアメリカ人に 6070%の割合で炭水化物を摂り、コレステロールを悪者にして、とにかく油を減らせ』といった結果がこれです。

 

WHOも日本の糖尿病学会も、これを推奨しているんです。病院に入院すると、この割合で食事が出るんです。3人に2人は学会が生み出した患者である、といってもおかしくはないでしょう。

 

なぜこういった方針をアメリカが打ち出したかというと、それは

 

世界トップクラスの穀物生産・輸出国だから

 

動物性のコレステロールは体に悪いですよ。体にいい植物性の油をとって、炭水化物(穀物)中心の食事にしましょう。」とアメリカの学会が言ったとなれば、世界も右にならえで従いますよね。

 

そしてアメリカ国内の穀物の消費は高まり、海外への輸出も増え、アメリカはウハウハという訳です。

 

 

【アメリカではコレステロール基準値が撤廃】

以前は、海外の学会のガイドラインでも、LDLコレステロールは140mg/dℓが基準値とされていたものの、アメリカではその基準値は撤廃されています。

「米国で2013年に発表されたガイドラインでは、『コレステロールの基準値には根拠がなかったので放棄する』と明確に書いてあります」

日本で当たり前に使われている基準値は、すでに時代遅れとなっているのです。

 

それどころか、「コレステロール値が高いほど健康にいい」という研究結果も、国内外に少なからず存在するというのです。具体的には

l  細菌やウィルスによる感染症にかかりにくい

l  コレステロール値が高い人たちは、低い(160mg/dl未満)の人に比べて長生き。

だということです。

 

食事制限にも意味がなければ、基準値もいい加減。これが、いままで隠されていた「コレステロールの真実」なんです。

 

 

【世界一売れている薬】

コレステロール04

 

ここまで読まれた方は、コレステロールについて、私たちが信じ込まされてきた「常識」が間違いであることがおわかりになったと思います。

なぜこれまで真実が隠され続けてきたのか?そこにはもっと大きな闇があったのです。

 

「いままで古い常識が通用してきたのは、

『コレステロール値が高いと危険だ』という話で儲ける人たちがいたから

 

血中コレステロール値を下げるために広く使われている薬に、スタチンというジャンルの高脂血症治療薬があります。スタチンを飲んでいる患者は世界で4000万人以上いて、

「世界一売れている薬」

という異名を持っています。

 

しかし先に述べたように、「基準値がいい加減なものである」ことや「多少数値が高くても気にする必要がない」ことが近年明らかになってきました。

このことを多くの人が知るようになれば、製薬会社や関連企業は薬が売れなくなって困ってしまいます

だから、学会はなんとしてでも、製薬関連企業の意を汲み、基準値を維持しようとします。

問題を生み出しているのは、学会と製薬メーカーの癒着だけではありません。

 

 

【食品会社まで・・・】

最初に述べたように食事制限によって、血中コレステロール値は左右されません。

それで困るのが、低コレステロール商品を売ってきた企業です。

 

日本健康・栄養食品協会によると、特定保健用食品(トクホ)の市場規模は約6000億円。そのうちコレステロール値を下げると謳う食品の市場規模は約220億円に及びます。

その種類は茶、青汁、豆乳、シリアル、マヨネーズ……とバラエティに富み、CMがバンバン流され、飛ぶように売れています。

 

とあるジャーナリストはこう語ります。

「食品会社にとっては、これまでの売れ筋商品がまったく無意味になるわけですから、死活問題です。

 

一体、厚労省、企業はどちらを向いて仕事をしているのでしょうか?

 

意味の無いコレステロールの基準があることで「病人」が作られ、薬が処方される。さらに人々の不安を煽ることで、効果が定かでない健康食品が売れていく。コレステロール利権に群がる、まさにコレステロール・マフィアと呼べるのではないでしょうか。


ダイエットサプリを飲んでるのに全然痩せない、痩せてもリバウンドばかりというあなたに

⇓ ⇓ ⇓

本物のダイエットはこちら




20154月に始まった「機能性表示食品制度」

ダイエット効果をうたう商品等、現在数多くの商品が販売されています。


「トクホ」より新しい制度ということで、「効果があるんじゃないの?」と期待した方も多かったのではないかと思います。


私は常々、機能性表示食品のダイエット効果に疑問を持ってきたのですが、ここにきて徐々にボロが出始めましたね。


先日テレビ等のメディアでもかなり取り上げられたのでご覧になった方も多いのではないかと思いますが、機能性表示食品の「葛の花」サプリに問題があると初の措置命令が下されました。


処分は、16社の19商品に表示の排除措置がとられたとのこと。

食品分野では過去最多の一斉処分になります。


「飲めばやせる」は駄目=機能性表示食品で初命令-消費者庁

ヤフーニュース「葛の花」措置命令

消費者庁による機能性表示食品「葛の花」に対する措置命令


kuzu.jpg 


問題となるのは、摂取するだけであたかも容易に痩身効果が得られるかのように表示していた「優良誤認」という部分。

わかりやすくいうと、葛の花サプリの販売会社は「飲むだけで痩せますよ」と宣伝しておきながら、提出された資料のダイエット効果の根拠となるデータは

・BMI25~30の「軽度肥満」の人を対象

・対象者は運動(1日約8~9000歩)をしていた

・対象者は1日2000kcal以下にカロリー制限をしていた

という状態で「飲むだけで痩せる」という宣伝とは大きくかけ離れるものでした。

これだけ運動とカロリー制限してれば、サプリなんて飲まなくても痩せるであろうことは誰でもわかると思います。


しかもそれで得られたダイエット効果は

・外見上、身体の変化を認識できない

・試験後減ったのは体重1kg、ウェストが1cm

こんなのは1食何か食べれば簡単に変化する誤差の範囲ですよね。

まあ国による審査も臨床試験もないので当然ですけどね。


ここで改めて「機能性表示食品」とはなんぞや、というおさらいです。


機能性表示食品とは?

「機能性表示食品制度」って? 漢字だけみても何のことなのかよく分からないですが、簡単に言うと、「トクホ」よりもっと緩い規制で健康食品の効能を表示できるようになった制度のことです。

 

特保との違いは、国が安全性と機能性の審査を行うわけではなく、事業者が国の定めた一定のルールに基づき安全性や科学的根拠に基づいた機能性などを示し、消費者庁長官に届け出る事で販売されます。

(出典:機能性表示食品消費者庁


トクホと何が違うの?

【トクホ】

有効性や安全性を人を使って試験しなければならない。

安全性や有効性について国の審査がある。

 

【機能性表示食品】

臨床試験の義務なし(科学的根拠を示す論文などを消費者庁に届け出るのみ)

国の審査なし

 

あれ?臨床試験も審査も無し?

 

 

実験結果の証明は必要とせず、専門家の論文など研究発表の情報を国に届けるだけで表示可能となるのです。あくまで企業の自己責任で、国が「お墨付き」を与えるわけではないんです。

 

極端な話、効果があるとするもっともらしい論文を添えて届け出るだけで、

全く効果の無い「機能性表示食品」がまかり通ってしまう可能性すらあるということです。


そして実際にこのような問題が起きてしまったということです。


国が始めたこの制度、消費者をなめきっているとしか思えません。

トクホの効果も疑問を感じざるを得ないものですが、「機能性表示食品」は

何おかいわんやです。

 

それでもダイエットのために「機能性表示食品」を買いますか?

 

こんな企業をもうけさせるためのダイエットサプリを買うのはやめて、

本当に効果のあるダイエットをしませんか?


⇓ ⇓ ⇓

それはこちら




最近SNSをやっていてよく目にするのが「HMB」サプリメントの広告。

レイザーラモンHGさんやGACKTさん等の鍛えてシェイプされたボディの持ち主が広告等になっています。
raizarramon-gackt.jpg 

そして、とあるHMBサプリメントの広告のうたい文句がこちら。

レイザーラモンHGが愛用する男性用〇〇で7kg以上痩せた女性が急増中!!
トレーニングなしで「腹筋女子」になる超簡単な方法とは

HMB01.png 

・レイザーラモンHGが愛用
・痩せた女性が急増中
・トレーニングなしで「腹筋女子」に

HMB02.jpg 

ここだけですでに突っ込みどころ満載です(笑)

ここ数年芸能界では筋トレで肉体改造した芸能人が急増していますが、レイザーラモンHGさんといえば、その中でもハードにトレーニングしていることで知られています。
その彼を引き合いに出して「トレーニングなしで」痩せる、筋肉がつくとうたうとは呆れて物が言えません。

そもそもHMBとは何なのでしょうか?

簡単に言ってしまうと、「筋肉づくりをサポートするサプリメント」なんです。

その効果は
  • 筋肉を大きくする
  • 筋肉を修復してくれる
  • 筋肉の減少を抑える

日本では厚生労働省による食薬区分改正によって、2009年に「非医薬」として新規収載され、日本国内での販売が可能となりました。
BCAAとおなじく筋肉の分解抑制、合成促進効果が期待できる、肉体改造を目指している人にとっては非常に効果的なスポーツサプリメントです。

ここ重要です。
HMBはダイエットサプリではなくスポーツサプリメントなんです。

基本的に皆さんが期待するようなダイエット効果はありません。

世の中に出回るあらゆるサプリメントの効果を網羅した文献にも、ダイエット効果があるとは一言も記載されていません。
ナチュラルメディシン・データベース(物質名:ベータヒドロキシベータメチルブチレートとして記載)

当然ですがそのようなサプリメントを飲んでも、筋トレをしなければ全くダイエット効果は期待できません。

「HMB ダイエット」でググると劇的なダイエット効果や、飲むだけで痩せる効果をうたう記事がたくさんヒットしますが、その多くはステマ記事でインチキばかりです。

ハッキリ言いましょう

HMBはダイエットサプリではない
筋トレをしない人にはダイエット効果ゼロ

そのようなインチキステマ記事を信じてHMBサプリを買うのはやめて、本当に効果のあるダイエットをしませんか?



⇓ ⇓ ⇓



ポルトガル代表のイケメンサッカー選手、C・R選手を広告等に、TVでも頻繁にCMが流れているSIX PAD(シックスパッド)

 

sixpad.png 

 

貼るだけで、運動しなくても痩せるのなら・・・

 

と購入に気持ちが傾いている方もいるかもしれません。

 

更に「あんな世界的な選手がCMに出るんだから、信用できる商品なんだろう」と思っている方もいることでしょう。

 

しかし、シックスパッドは決して新しい商品ではないんです。

形は違えども昔から同じような商品が出ては消え、出ては消え、を繰り返しているんです。

 

EMSってご存知ですか?

シックスパッドはいわゆる「EMS」と呼ばれる運動器具の一種です。
そう、電気刺激で筋肉をピクピク強制的に動かして運動するやつです。

通販番組などで有名なスレンダートーンなどでご存知の方もいらっしゃるのでは?

 

EMSの仕組みは?

通常、筋肉を動かす「司令」は、脳から運動神経を通って筋肉に伝えられます。
EMS
は脳からの電気信号の代わりに、皮膚表面から電気信号を与えて筋肉を動かしま
す。

電気の力で筋肉を動かしているのではなく、電気の力で「動けという命令を送っている」ということです。


EMS 
の電気司令で筋肉は勝手に動く。だから、自分は何もしなくてもEMSを装着していれば楽して運動効果を得られて痩せられる。ダイエットできる。

といった考えからエステやダイエット商品などで使われるようになったんですね。

 

EMSにダイエット効果はあるのか?

答えは
 NO 

ではその理由を述べていきましょう。


EMS
の装着によって心拍数が上がったり、呼吸が激しくなったりすることはありません。
エネルギー消費が上がるとこれらは必ず上がります。

また、EMSによってしっかりと運動効果がある筋肉の収縮運動が行われているなら、それ相応の疲労が生じます。

 

でも実際には電気で筋肉がピクピク収縮するだけで、大して疲労することはありません。
つまり、EMSで行っている運動の強度は「高くない」ということ。

装着していても楽だということは運動をあまりしていないということなんです。

運動の強度がある程度高くないと、エネルギーの消費は起こらないので脂肪は燃えてくれません。

 

低周波は運動効果無し

もし、このような電気刺激で筋肉を動かす器具で、効果を得ようとすると

50Hz~100Hzといった高周波を使用しなければなりません。

しかしこのシックスパッドは20Hzという低周波を使用しているので、

その時点で運動効果は無いに等しいということになります。

 

仮に高周波を使用していたとしても、痛みで身もだえするほどの高電圧でなければ、

やはり効果は無いのです。

 

つまり、疲れず、痛みも感じないEMSをいくら付けていても、望むような運動効果は望めません。運動効果が無いのであれば、ダイエット効果は言わずもがなです。

 

結論

シックスパッドにダイエット効果は無いということです。

 

よく健康食品やダイエット機器広告でのキャッチフレーズになっている

「楽してダイエット」は”めったに”無いんですね~

 

「めったに」ということは・・・

全く無いわけではありません。

 

それがあるんです!


 ⇓ ⇓ ⇓

それはこちら